第22回日本運動器リハビリテーション学会

大会事務局

  • 〒980-8579
    仙台市青葉区
    荒巻字青葉6-6-01
  • 東北大学大学院工学研究科
    バイオメカニクス講座
  • TEL/FAX:022-795-6945
  • e-mail:
    msr10@bml.mech.tohoku.ac.jp
  • 担当:嶺岸 由佳

宿泊・交通申込お問合せ

  • トップツアー株式会社
    仙台支店
  • 〒980−0021
    宮城県仙台市青葉区
    中央1−6−18
    日石東急仙台ビル3階
  • TEL:022-263-3232
  • FAX:022-265-5765
  • e-mail:
    jsmr22@toptour.co.jp
  • 担当:佐々木 孝哉

ご挨拶

大会長 佐藤 正明 大会長 佐藤 正明
東北大学大学院医工学研究科

 平成22年7月10日(土)に第22回日本運動器リハビリテーション学会を仙台において開催させていただくことになりました。伝統ある本学会の会長を務めさせて頂くことになり誠に光栄に存じます。

 運動器リハビリテーションは、身体障害の克服、これからの高齢化社会にとって必要不可欠の医療技術であろうと思います。しかしながら、未だに医療従事者の長年の経験と勘に頼っている面も多く、科学的根拠に基づいた治療が今正に求められんとしている領域です。運動器リハビリテーションに必要とされる技術は、検査、診断、治療のどれをとっても工学と密接に関係しています。

 これまでの歴代の会長は臨床の先生方が務めて来られましたが、私は機械工学を背景とし、現在は2008年に我が国で最初に東北大学に設立されました医工学研究科に所属しております。医と工の連携および融合の重要性、必要性が再認識できる大会にしたいと考えております。運動器リハビリテーションに関心をお持ちの多くの先生が一堂に会し、相互に情報交換ができるよう関係各位のご協力、ご支援を賜れば幸いです。

 7月は梅雨の最中で、仙台の街のすばらしさを味わっていただくのには最適の時期とは言えませんが、緑多い環境の中で「杜の都仙台」の雰囲気を味わっていただけると思います。一人でも多くのご参加をお待ちしております。